日本国債が売られる日は?

日本国債が売られる日は?

私のブログ読者やセミナー参加者には周知のことですが、私は長期円安論者です。最近、色々な方と対談の機会があり、その中には円高論者も多いのですが、よく話し合ってみると長期的に円高が続くと見る人は少なくて、やはり日本の将来に対する不安感を共有している。

 

そして、長く見れば円安は避けられないだろうが、円高から円安への相場の転換には、一度は超円高を見ることが必要だろうと説く。特にトレーダー出身者には多い議論です。大きなトレント転換には、それなりのエネルギーの蓄積がいるということですね。

 

私の見方は一貫してドル、ユ−ロ、円の弱さ比べが情けないことにいい勝負だから、円だけが突出して買われて独歩高になるような状況はない、ということです。米国経済も欧州経済も日本経済も、それぞれに構造的問題をアキレス腱として抱えている。

 

特に金の世界から為替を見ているとドル建て、ユーロ建て、円建て金価格がすべて上昇しているのですよ。タイムラグはありますけどね。もはやドル安=ドルの代替通貨として金が買われる"というような単純な市況の法則では金相場を読み誤ります。

 

ドル高でも金が上がる局面が見られるのですから。その場合のドル高はユーロ不安で反対取引としてドルが買われているという。悪いドル高なのです。米国経済好転を映す良いドル高"ではありません。

 

円高から円安へのトレント転換はある日突然やってくるような特徴があるとみています。日本の機関投資家は一斉に外ものに走る傾向が顕著だからです。それから個人投資家は、多通貨分散をもっと考えるべきですね。